SAP HANA CLOUD PLATFORM* の重要事項
SAP HANA CLOUD PLATFORM を 2012 年に導入し、それに関する OPENSAP コースを 2013 年に導入以来、このプラットフォームは継続的に進化を続け、追加機能が提供されてきました。このコースでは、このプラットフォームに関する最新の知識を提供します。 このコースでは SAP HANA CLOUD PLATFORM を紹介し、提供される各種サービスの開発者向けの活用方法を示します。JAVA プログラミングの基本スキル、ECLIPSE 開発環境に関する基本知識があると理想的です。 このコースを受講している場合は、IOT サービス、ゲーミフィケーションサービス、モバイルドキュメントなどの新しく導入されたサービスについて解説しているこのコースの受講をお奨めします。SAP HANA Cloud Platform の機能について、より包括的な視点が得られるようになります。
Self-paced
Language: 日本語

Course information


SAP HANA CLOUD PLATFORM を 2012 年に導入し、それに関する OPENSAP コースを 2013 年に導入以来、このプラットフォームは継続的に進化を続け、追加機能が提供されてきました。このコースでは、このプラットフォームに関する最新の知識を提供します。

このコースでは SAP HANA CLOUD PLATFORM を紹介し、提供される各種サービスの開発者向けの活用方法を示します。JAVA プログラミングの基本スキル、ECLIPSE 開発環境に関する基本知識があると理想的です。

このコースを受講している場合は、IOT サービス、ゲーミフィケーションサービス、モバイルドキュメントなどの新しく導入されたサービスについて解説しているこのコースの受講をお奨めします。SAP HANA Cloud Platform の機能について、より包括的な視点が得られるようになります。

SAP HANA Cloud Platform は、今日のネットワーク化が進んでいるモバイル、ソーシャル、そしてデータ主導型の世界に適応するように設計された、オープン標準ベースのインメモリー PaaS (Platform-as-a-Service) です。超高速かつ大規模な SAP HANA を活用すると、開発者はインパクトのあるかつ拡張性の高いアプリケーションを短時間で作成できます。

このクラウドプラットフォームサービスにより、自身のソフトウェアの開発に注力でき、SAP Cloud のエンタープライズ対応のインストール済環境を使用して、自身のアプリケーションを安全かつ信頼できる方法でデプロイおよび実行できます。

登録、学習コンテンツ、および最終試験は無料です。無料の開発者アカウントを使用して、プラットフォームについての実践的な演習を行うことができます。コースの開始時にこのアクセス方法について説明します。

このコースは英語でも提供されます。

コースの特性

  • 2016 年 5 月 10 日、09:00 UTC から開始(これはどういう意味ですか。)
  • 期間: 6 週間(毎週 4 ~ 6 時間)
  • 最終試験: 2016 年 6 月 21 日、9:00 UTC から 2016 年 6 月 29 日、2015, 9:00 UTC まで
  • コース言語:日本語
  • openSAP コースの構成

コース内容

  • 第 1 週:基本
  • 第 2 週:セキュリティ
  • 第 3 週:コネクティビティ
  • 第 4 週:永続性
  • 第 5 週:IoT とコラボレーション
  • 第 6 週:追加サービス
  • 第 7 週:最終試験

翻訳について:

  • ビデオはすべて英語であり、日本語の字幕が付いています。 字幕のオンとオフはビデオプレイヤーの次の 2 つのアイコンで切り替えできます enter image description here
  • 学習課題(セルフテスト、週ごとの課題、および最終試験)には日本語版があります。
  • 終了証書(達成度記録および参加確認)は英語で発行されます。

対象者

  • アプリケーション開発者

コース受講条件

  • 基本的なプログラミングのスキル(Java が理想的)

  • Eclipse 開発環境の使用に関する基本知識

開発システム

このコース受講の主な目的が SAP HANA Cloud Platform の開発関連機能の技術的な概要把握である場合は、開発システムにアクセスする必要はありません。ただし、このコースの内容をベースにした独自コードの開発に興味のある受講者は少なくないと思います。

SAP HANA Cloud Platform の無料のアカウントを使用でき、そのアカウントの設定方法については最初のセッションのいずれかで説明します。この無料アカウントには若干の制約がありますが、講師も同じシステムを使用するため、問題なくコースについて行くことができるでしょう。

講師

ルイ・ノゲイラ

enter image description here

ルイ・ノゲイラは SAP HANA Cloud Platform の製品マネージャーで、開発者、顧客、およびパートナの SAP HANA Cloud Platform へのオンボーディングを重点的に担当しています。

ルイは SAP Community Network の有効なメンバーであり、SAP HANA Cloud Platform 関連の複数の openSAP コースの講師も務めています。

http://scn.sap.com/people/rui.nogueira/content

スヴェン・コールハース

enter image description here

スヴェン・コールハースは SAP HANA Cloud Platform の製品マネージャーで、 伝道師として製品の普及、ならびに開発者、お客様、およびパートナ様によるオンボーディングを 重点的に担当しています。

SAP Community Network の有効なメンバーで、これまで SAP HANA Cloud Platform 関連の複数のワークショップおよびハッカソンを主催してきました。

http://scn.sap.com/people/sven.kohlhaas/content

コース内容のエキスパート

ミヒャエル・アーメリング


enter image description here

ミヒャエル・アーメリングは、SAP HANA Cloud Platform IoT サービスおよび SAP HANA Cloud Platform ゲーミフィケーションサービスの開発 マネージャーです。

ミヒャエルは SAP Community Network の有効なメンバーで、SAP d-code や SAP TechEd などのカンファレンスで、SAP HANA Cloud Platform サービスのお客様およびパートナー様への導入を中心に定期的に講演しています。

Michael´s profile on scn

マルティン・グラスホフ

enter image description here

マルティン ・グラスホフは、SAP Mobile Platform の製品マネージャーを現在務めています。マルティンが重点を置いているのは、SAP HANA Cloud Platform モバイルサービスです。

開発者としての背景知識および優れた説明力は、お客様および開発者の間でも良く知られています。

Martin´s profile on scn http://twitter/@mgrasshoff

トーマス・ビーザー

製品責任者、SAP Business Suite の拡張機能、SAP HANA Cloud Platform

enter image description here

トーマス・ビーザーは、SAP HANA Cloud Platform. による SAP Business Suite を拡張するためのエンドツーエンドシナリオの製品責任者です。SAP HANA Cloud Platform コネクティビティ・サービスおよび SAP HANA Cloud connector の開発の責任者でもあります。

トーマスはソフトウェア産業で 15 年を超える経験があり、開発管理、プロジェクト管理、製品管理に関する各種ポストを歴任してきました。特に分散人工知能、Web、グリッドおよびクラウドテクノロジーを重点的に手掛けています。

トーマスは SAP Community Network の有効なメンバーであり、SAP のカンファレンスでも定期的に講演しています。Twitter でも トーマスをフォローできます。

ディーター・ギュンディッシュ

enter image description here

ディーターは 2004 年に SAP に入社し、SAP NetWeaver や Cloud の分野の各種プロジェクトで、主にドキュメント管理システムを手掛けてきました。

現在は SAP HANA Cloud ドキュメント サービスの製品責任者です。

トーマス・ヘンゼル

enter image description here

トーマス・ヘンゼルは、SAP HANA Cloud Portal の製品エキスパートです。トーマスは市場進出とお客様およびパートナのイネーブルメント活動を推進しています。

トーマスは SAP Community Network の有効なメンバーであり、SAP TechEd や SAP ユーザグループイベントなどのカンファレンスで定期的に講演しています。

https://twitter.com/ThHensel

ロバート・ホーン

enter image description here

ロバート・ホーンは SAP Jam の製品マネージャーです。現実的なビジネスの問題を解決するソーシャル業務パターンの開発に重点を置いた、パートナーイネーブルメントおよび開発者イネーブルメントを担当しています。

ロバートはソフトウェア産業で 14 年間働いて、IT、マーケ ティング、エンジニアリング、および製品管理」などの職種を経験してきました。API 開発および開発者向けエコシステムのサポートに関して広範な背景知識があります。ロバートは SCN への頻繁な寄稿者であり、開発者向けカンファレンスでもよく講演しています。

イェンス・フースケン

enter image description here

イェンスは SAP HANA Cloud Platform の パーシスタンスサービスの製品責任者です。

イェンスが SAP に入社したのは 1999 年で、それ以来 SAP NetWeaver Java/ABAP に関する各種ポストを歴任してきました。イェンスは SAP Community Network の有効なメンバーであり、SAP d-code や SAP ユーザグループのイベントなどのカンファレンスで定期的に講演しています。

https://twitter.com/jenshuesken

イェンス・コスター

enter image description here

イェンス・コスターは、 SAP Document Center の製品エキス パートです。

イェンスは SAP Community Network の正式メンバーであり、SAP TechEd や SAP ユーザー グループイベントなどのカンファレンスで定期的に講演しています。

コルネリウ・ミツ

enter image description here

コルネリウ・ミツは開発アーキテクトで、 SAP Document Center のエリア製品責任者の任に就いています。

コルネリウは SAP Community Network の有効なメンバーであり、SAP d-code や SAP ユーザーグループイベントなどのカンファレンスで定期的に講演しています。

https://twitter.com/CorneliuMitu

マイケル・エムラー

enter image description here

マイケル・エムラーは、SAP Hybris as a Service のコミュニティ分野を中心としたコ・イノベーションネットワークの製品責任者です。また、Customer Engagement & Commerce 製品ポートフォリオをベースにした、YaaS ハッカソンやイノベーションショーケースなどの各種イネーブルメント活動の中心人物でもあります。

マイケルは SAP のソフトウェア開発に関して 15 年を超える経験があります。特にモダンソフトウェアアーキテクチャパターンと革新的なクラウドアプリケーションに注力してきました。

マルティン・レップル

enter image description here

マルティン・レップルは SAP HANA Cloud Platform の Security and Identity Management の製品責任者です。製品のセキュリティロードマップを担当し、製品のバックログを管理しています。

この職に就く前は、国際標準化機関で SAP の代表を務めていました。2005 年に SAP に入社する前、マルティンは IT アーキテクトおよびコンサルタントとして IBM でさまざまなポストを任されてきました。

マルティンはさまざまな業種での情報テクノロジーの活用に関して 18 年を超える経験があり、国際的なカンファレンスでも 頻繁に講演しており 、IT セキュリティに関する著作も多数あります。

ウド・パルツァー

enter image description here

ウド・パルツァーは、SAP HANA Cloud Integration および SAP Financial Services Network の製品マネージャーです。

ウドは SAP Community Network の有効なメンバーであり、SAP TechEd や SAP ユーザグループイベント、および SAP CodeJam セッションなどのカンファレンスで定期的に講演しています。

http://scn.sap.com/docs/DOC-40396
http://scn.sap.com/docs/DOC-40696

*) Please note: SAP has announced that SAP HANA Cloud Platform is being renamed to SAP Cloud Platform. You can read more about the reasons behind the change and what you can expect in the official SAP Press Release.

Course contents


  • 第 1 週:

    基本
  • 第 2 週:

    セキュリティ
  • 第 3 週:

    コネクティビティ
  • 第 4 週

  • 第 5 週

  • 第 6 週

  • I like, I Wish:

    We Love Your Feedback … And Want More
  • Final Exam:

    成功をお祈りします

Enroll me for this course


If you would like to enroll for this course, there are no formal prerequisites or limitations. The course is free and open for everyone. Just register for an account on openSAP and go for the course!

Enroll me now

This course was held from May 10, 2016 through Jun 29, 2016.

3263 learners enrolled.

Rating


This course was rated with 3.95 stars in average from 93 votes.

Certificate Requirements


  • A record of achievement is issued to those who have earned more than 50% of the maximum number of points for the sum of all graded assignments. Find out more in the certificate guidelines.
  • A confirmation of participation is issued to those who have completed at least 50% of the course material. Find out more in the certificate guidelines.
Helpdesk

Your request has been sent to our support team, and will be answered as soon as possible.

Thank You!

Oops something went wrong.

Back